アリエッタについて

アリエッタの由来

“アリエッタ(arietta)”はイタリア語で「そよ風」という意味があります。
ゆったりと心地よい風の中で、働く喜びを感じていただきたいとの思いから名づけました。

設立にあたって

アリエッタでは明るく働けることを何よりも重視し、気負いすぎることなく自信を持つことができるよう、就労の場を提供しています。

就労場所として地下鉄「二十四軒」駅直結のターミナルビル内に併設することで、どなたでもわかりやすく、安心な就労環境を提供しています。

みなさまが自立した生活を送り、将来的には一般企業への就職を目指せるよう人材育成することで、社会貢献の一端を担うことを目指しています。

アリエッタの事業内容

就労継続支援事業

就労継続支援事業とは、通常の事業所に雇用されることが困難な障害者につき、就労の機会を提供するとともに、生産活動その他の活動の機会の提供を通じて、その知識及び能力の向上のために必要な訓練やその他の便宜を供与する事業のことです。雇用契約を結び利用する「A型」と、雇用契約を結ばないで利用する「B型」の2種類があります。
作業風景

就労継続支援A型事業とは

通常の事業所に雇用されることが困難であって、雇用契約に基づく就労が可能である者に対して行う雇用契約の締結等による就労の機会の提供および生産活動の機会の提供その他の就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練その他の必要な支援事業のことです。

就労継続支援B型事業とは

通常の事業所に雇用されることが困難であって、雇用契約に基づく就労が困難である者に対して行う就労の機会の提供及び生産活動の機会の提供その他の就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練その他の必要な支援事業のことです。

就労継続支援A型とB型の違い

A型事業とB型事業の主たる違いは雇用契約の有無、つまり事業者と利用者の雇用関係が成立しているかいないかという点です。ただし、賃金はA型にもB型にも支払われます。整理すると、A型事業の対象は「通常の事業所で雇用されることは困難だが、雇用契約に基づく就労が可能な方」であり、B型事業の対象は「通常の事業所で雇用されることは困難で、雇用契約に基づく就労も困難な方」ということになります。

特定相談支援事業所 相談室

相談室とは、障がいのある方やご家族の様々な困り事や悩みごとをお聞きし、解決方法を一緒に探す所です。
ただ話を聞くだけではなく、様々なネットワークを活用して皆さんの困りごとや悩みごとが解決出来るように支援します。費用は、原則として無料です。(交通費などの実費が必要な場合があります。)
相談支援事業所の思いは、「だれでも」 「どこでも」 「どんなことでも」安心して生活できるようにお手伝いをさせていただきたい、それが私達の願いです。

▲ページの先頭へ